*浅見 泰司 あさみ やすし

浅見泰司(あさみ やすし)
東京大学教授(大学院工学系研究科都市工学専攻) 
1982年 東京大学工学部都市工学科卒業
1987年 ペンシルヴァニア大学地域科学学科博士課程(Ph.D.)修了
現在は東京大学大学院工学系研究科副研究科長も兼務し多忙な毎日を送る。
厚生労働省“「民泊サービス」のあり方に関する検討会(2015~2016:全13回)”の座長を務める。

カテゴリ:都市・防犯
専門分野::都市計画、不動産政策、空間情報解析
所属:東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻
URL:http://www.due.t.u-tokyo.ac.jp/research/faculty/faculty/
著書

『民泊を考える』浅見泰司,樋野公宏(編著)(2018)プログレス社
『不動産テックを考える』赤木正幸,浅見泰司,谷山智彦(編)(2019)プログレス社
『マンションの終活を考える』浅見泰司,齊藤広子(編)(2019)プログレス社
『不動産政策研究総論 不動産政策概論』不動産政策研究会,浅見泰司,清水千弘,中川雅之,松尾弘,小林正典(2018)(編)東洋経済新報社
『不動産政策研究 各論Ⅲ 不動産再生政策』不動産政策研究会,浅見泰司,小林正典(2018)(編)東洋経済新報社
『コンパクトシティを考える』浅見泰司,中川雅之(編著)(2018)プログレス社など多数

講演・講師実績

「建物課税は何のためにあるのか:再建築評価方式・建物課税の効果・資産保有税のあり方をめぐる諸論点」資産評価政策学会平成27年度シンポジウム、パネルディスカッション、2016年1月30日
「東京の空閑地・空き家問題」一般社団法人東京建築士会、東京の空閑地空き家問題を考えるシンポジウム、2016年4月26日
「新たな住生活支援のかたち」公開市民フォーラム、住宅金融支援機構、2016年5月31日
「グローバル都市と不動産・住宅の短中期利用」パネルディスカッション,日本不動産学会2016年度春季全国大会シンポジウム、2016年6月3日
「ビッグデータとしての地理空間情報を活用したまちづくり」(NPO)日本都市計画家協会連続セミナー第17シリーズ『ビッグデータで読み解くまちづくり』2016年7月22日
「コンパクトシティ」(公財)後藤・安田記念東京都市研究所 第43回『都市問題』公開講座「誰がためのコンパクトシティ」基調講演、2016年7月23日
「流山グリーンチェーン戦略に関する資産価値の向上について」第6回流山市景観シンポジウム『資産価値を高めるかちづくり ~景観形成の効果~』特別講演、2016年7月30日
「都市計画分野における政策分析の課題」政策形成の場でなぜ政策分析は有効性を発揮できないのか、ワークショップ(パネリスト)日本計画行政学会第39回全国大会、2016年9月10日
「地域の魅力をデータで可視化する」政策スクール2016、基調講演、2016年10月14日
「パネルディスカッション:不動産政策フォーラム2018」、2018年6月28日
「SDGsと都市運営」公益社団法人日本都市計画学会第142回まちづくり懇話会「都市計画・まちづくりにおける持続可能な開発目標(SDGs)の活用」2018年11月27日
「都市縮小時代の都市・不動産政策:これからの不動産保有のあり方とは」第12回日本大学不動産戦略セミナー、2019年3月8日
「都市縮小時代の都市政策」大都市政策研究機構第3回講演会、2019年3月13日
「「首都圏の老い」にどう向き合うか?」公開シンポジウム、2018年3月17日

この講師の講座