犬飼 裕一 いぬかい ゆういち

日本大学文理学部教授。元北海学園大学経済学部教授。
社会学の歴史や社会学理論が専門だが、それらを探究していくと人によって見えている「社会」がいろいろであることに気づく。そして、社会学の本当の仕事は、いろいろありうる社会の違いを知ることだと感じました。社会学はおそらく多くの人々を動かす人物にとって大いに役に立つのでしょう。また同時に勝手に操られないようにする秘訣でもある。しかも、動かす人々と動かされない人々の関係も社会学。

カテゴリ:ソシオロジー
専門分野:社会学
所属:日本大学
URL:
著書

『方法論的個人主義の行方』(勁草書房2011年)、
『歴史にこだわる社会学』(八千代出版2018年)など多数。

この講師の講座