*鎌田 健司 かまた けんじ

旅行業界、金融業会を経て環境コンサル事業を開業。
法政大学、帝京大学(二年間講師として環境概論の教鞭を執る)、日本大学、創価大学、明星大学、キリングループ、サントリーグループ、イエローハット等の環境配慮型コスト削減、省エネン化、社員(職員)研修などのコンサル実績多数。
弱者全般(障碍者、高齢者、ニート、シングルマザー、引きこもり、依存症等)の雇用創出を目的とするユニバーサル就労(就労困難者)全般をテーマに社会性と事業性の両立を目指しCSR(社会的責任・社会貢献)、CSV(共通価値の創造)、CRM(大義有る事業)の普及を推進。

ボランティア活動として、2003年よりキャップ運動「キャップを集めてワクチンを贈ろう」提唱者。
観光産業の経験を活かした老舗旅館料亭、ホテル、レストランの事業再生及び事業承継のコンサルタント。
健康志向から「医食同源」「美と健康」をテーマとしたプロデュース。
現在は、六次化産業(一次産業:農林水産の生産、二次産業:加工、三次産業:販売、サービス)を活用した社会貢献型産業(利他産業)の仕組みづくり、ネットワーク構築を中核として「エシカル(倫理的・道徳的行動=地球環境に優しく、社会貢献に繋がる行動・実践)」を目指す。
具体的な実践として「倫理農園(エシカルファーム)」の実現を目指し、令和元年に久喜市にて減農薬「成苗農法」を実施し約30俵を収穫。滑川町の貸し農園にて「無農薬有機農法」による野菜作りを実施し評判となる。
素人でも成功する安心安全野菜作りを基本とした『家庭食料自給率30%以上の実現』を健康寿命の柱づくりと考え普及推進中。
SDGs(国連の持続可能な開発目標)の総合的な推進として「空き家再生=社会課題:社会に不要な存在から地域の最も必要なコミュニティーへの転換=エシカルライフスタイル」を意識し社会貢献型カフェの直営店として埼玉県森林公園駅南口にて、地域のコミュニティーセンター及び子供食堂として、カルチャー&エシカルカフェ「リーフ(一枚の葉)」をオープン現在に至る。

SDGsの第三者評価機関エコステージ協会より、国内で初めての第三者評価確認を第一号で表彰を受ける。

カテゴリ:SDGs
専門分野:SDGs経営
所属:株式会社 環境総合研究会
URL:https://kankyo-labo.net
所属団体

特定非営利団体 Reライフスタイル   副理事長(キャップ運動提唱者)
一般社団法人 利他の樹         理事長(令和元年12月2日設立)

この講師の講座

講座準備中です